Sony Network Communications Connect Inc.

RECRUIT

ソニーグループポータルサイト

NEWS

「各部署での働き方」座談会

ソニーネットワークコミュニケーションズコネクト株式会社の主業務は「NURO 光 Connect」をお客様にご提供すること。
単一商品のご提供は単純そうですが、実際には受注して設置に至るまで、社内では様々な部署が連携を取りながら、準備を行っています。

そこで、若手社員を中心に各部署での働き方や協力体制、そして社内の雰囲気について語り合っていただきました。



本日は座談会にお集まりいただきありがとうございます。
皆さんの所属部署の様子や雰囲気ををお聞かせいただけますか?

  • (K.C): 施工管理部では、何か問題が発生した際には、気軽に相談できる雰囲気があります。
    チーム内で案件を共有しながら最速・最適な解決策の検討が進む仕組みになっています。業務改善の提案もしやすいので、これが当部の特長だと考えています。
  • (R. F): 業務企画課ではTeamsなどのツールを活用して、出社時やリモートワークに関係なくいつでも気軽に業務の相談ができています。
    また、上長とは定期的に面談があるので、自由に意見しやすい雰囲気もあります。メンバーは明るく優しい方が多いため、働きやすい環境だと感じています。
  • (A.U): 営業企画課も優しい方が多いです。まだ新しい会社なので前例やノウハウのない業務が発生することがありますが、部署をまたいでも気軽に相談できます。
    1年ほど前から申込獲得のためにWeb広告の配信を社内で開始したのですが、上長に広告運用に挑戦したい旨を伝えたところ、プロジェクトに参加できることになりました。未経験でも、学びながら仕事ができる環境にいるので、スキルや経験を身に着けることも求められていると感じます。



間接部門の方々に伺いますが、お客様との接点が少ない中で
仕事の幅が広がる経験や成長について、感じていることはありますか?

  • (E .Y): 法務担当者が私一人ということもあり、契約書のレビューからコンプライアンス教育、訴訟対応など、さまざまな業務に対応しています。会社が大きくなるにつれて対応が必要な業務の範囲、件数は増えていきますが、最近では監督官庁の対応など、徐々に法務以外の業務も任せてもらえています。
  • (Y. M): 情報システム課も少数精鋭の環境です。システム導入などのプロジェクトに参画することはもちろんですが、 管理者としての機会も与えられました。若手でもサポートを受けながらチャレンジできる環境と、成長できる場が整っているなと感じます。
  • (A.U): 私は当初、営業事務として入社しましたが、提案書や販促資材の作成を通じて、販売促進の業務も任せてもらえるようになりました。自身の仕事の幅が広がることは大変なこともありますが、それは少数精鋭のチームならではの魅力だと感じています。



営業職のお二人はいかがですか?

  • (K.K): 私は業務を通じて、上長から今後の判断に役立つ助言が得られているので、それが自分の成長に繋がっています。たとえば、お客さま対応などで判断に困った際、まず自分の意見を先に述べ、それに対してご指導いただく機会がありました。お客さまの気持ちや会社の事業などに気を配る必要があるので、単にベストアンサーを教えてもらうよりも多角的に考える力が養われていると思います。
  • (J.K): 私の所属する営業2部では既存の取引先だけでなく、新たな取引先を開拓する役割もあります。日々の商談を通じて、新規企業との契約締結に至るまでのプロセスやノウハウを学ぶことができたことは、大きな成長だと感じています。


皆さんのお話を伺って、新たなアイデアの創出やプロジェクトに積極的に取り組めていて、個々のスキル向上に励んでいる様子がわかりました。挑戦を大切にする文化が育まれているのは素晴らしいことだと思います。
また、少人数で各自が責任を持ち、協力し合うことで、プロジェクトが成功に導かれる瞬間が何よりも嬉しい瞬間です。これからも同じ気持ちを大切にしながら、共に成長できる仲間でいてほしいと感じました。
本日はご参集いただきまして、ありがとうございました!



編集後記

今回ご協力いただいた社員との座談会を通じて、各部署の魅力や働き方について知ることができました。
今後も部署間の交流を深め、より良い職場環境を築いていけたらと思います。